まるで本物の肉!?渋谷「真さか」のヴィーガン唐揚げは絶品だった!


どーも!趣味は食べ歩きのマグニンです!

最近は主に外国人向けにヴィーガンレストランが増えていっていますよね。

私自身はヴィーガンではないですが、工夫して野菜をおいしくする調理法に以前から興味がありました。

ヴィーガン料理と聞くと淡泊な味付けでヘルシーな料理を想像してしまいますよね。


しかし、渋谷にあるヴィーガン居酒屋の「真さか」はヴィーガンでもガッツリ食べられる料理があるとの噂を聞きつけました。

果たしてヴィーガンではない私の口にもあう料理だったのか、実際に食べて食レポしていきたいと思います!

スポンサーリンク

「真さか」の場所は?


ヴィーガン居酒屋の「真さか」は渋谷駅から徒歩5分ほどのパルコの地下レストラン街にあります。

スペイン坂を抜けていくと丁度「真さか」から近い入口に行くことができます。


こちらがパルコの入り口です。入ってすぐのエスカレーターを下りましょう。

こちらがヴィーガン居酒屋「真さか」の外観です。昭和の中華料理屋って感じでパルコの中とは思えない雰囲気ですよね。


最近の料理屋さんでは見かけることの少なくなった食品サンプルも飾られていました。



ヴィーガン唐揚げと餃子を食べてみた!

スポンサーリンク


唐揚げは種類が豊富なのですが今回は


テリマヨ唐揚げ(600円)
餃子(500円)

を注文してみました。


いかがでしょうか?

ヴィーガンと言われなければ全然わからないほどのハイクオリティですよね!

唐揚げも餃子も大豆が原料の肉もどきを使用していてまさに肉のような食感でした。

こちらが唐揚げの断面図です。


繊維状の大豆肉を使用しているので肉に近い食感が出せるようです。

甘辛の味付けのソースも唐揚げに良く合ってガッツリとした味わいを楽しめます。


餃子には挽き肉タイプの大豆肉を使用しており、唐揚げとはまた違った食感を楽しむことができました。

ヴィーガンでない人でもおいしい?


私個人的な意見ですが、「ヴィーガンって言われなければわからない!」ほどではなかったです。

大豆肉の食感は柔らかめで本物の肉ではないことはすぐにわかる程度だと思います。

またおいしくするためなのか結構衣は油っこかったと思いました。


ただヴィーガンでこれほどのクオリティが出せるのはすごいと思いました。

今まで食べたヴィーガン料理は薄味というか悪く言うと味気ないものが多かったので、中華料理のヴィーガンならガッツリ系も楽しめるのだと見識が広まりました。


おわりに


ヴィーガンは動物性の食材を使用しないだけなので工夫次第ではガッツリとした料理も楽しめるのだとわかりました。


今まではヴィーガン料理は薄味のヘルシーなものだけだと思っていたので、印象がガラリと変わってしまいました。


現代では和食、中華、イタリアンなど様々なヴィーガン料理のレストランが増えていっているので、食の楽しみの幅も広がりそうですね!

私

ヴィーガンでない人でも食の幅を広げるために一度試してみることをおすすめします!

コメント