30代40代男のスキンケアは市販の2つでOK!保湿が一番大事!

スポンサーリンク


20代の頃は何の手入れをしなくても「肌綺麗だねー。」と言われることも多いと思いますが、30代40代になってくると肌の衰えが気になってきますよね。



老化を防止するためにもスキンケアは大事なのは薄々感じてはいるものの

何の商品を選べばいいかわからないし、

あまりお金はかけたくないですよね。


私も以前はそう思っていましたが、男性がスキンケアすることは美容のみならず、健康にも繋がってきます。


男のスキンケアは保湿のみで充分ですし、高い化粧品も必要ありません。


市販のお買い得な商品で充分にスキンケアをして老化を防止することは可能です。


男の老化の原因は肌の保湿不足にあった?



男性でなんのスキンケアもしていない人は30代頃から老化が気になってくると思います。


20代の頃は肌も健康で何もしなくても潤っていて問題もなくスキンケアもあまり必要に思わない人が多いと思いますが、30代からはそうは言ってられません。



しっかりとスキンケアをして老化を防止しましょう。


老化の原因は乾燥にあった



肌を老化させる一番の原因は乾燥です。



特に日本の冬は乾燥が酷いので肌からは水分がどんどん抜け出てしまいます。


しっかり保湿をして肌に潤いを与えましょう。

肌をボリボリ掻くのは絶対NG!

スポンサーリンク



歳を取って肌が乾燥してくると痒みが出てきてしまいます。


しかし、そこでボリボリと掻いてしまえば肌は余計にバリア機能を失って乾燥が酷くなってしまいます。


そうなると湿疹などの肌のトラブルにもなりやくなってしまいます。



しっかりと保湿をしてあげることで痒みも治まるので健康のためにもスキンケアを始めましょう。


男の美肌はこの2つで充分!高い商品は必要ない!



スキンケアは大事とわかっていてもドラッグストアなどでは商品が多すぎて何を選べばいいかわからないし、ネットで検索しても3000円以上するような高い商品をおすすめされることもあり余計にわけがわからなくなってしまいますよね。


ですが男のスキンケアに必要なものはシンプルですし、高額な商品も必要ありません。


男性のスキンケアで大事なのは保湿に必要な2種類のものだけなので覚えておきましょう。


化粧水



化粧水という名前で勘違いする人もいると思いますが、化粧のときだけ使うものではありません。



化粧水の効果は肌に潤いを与えることです。


水やグリセリンなどの成分が肌に潤いを与えてくれます。肌が乾燥する前に使うのが効果的です。


私のおすすめはこちらの「ハトムギ化粧水」です。


私は近所のドラッグストアで1本767円で購入しましたが、Amazonの方が割安ですね。


乳液



乳液は化粧水で与えた水分を逃さないようにするためのものです。


化粧水を塗った後に使用することで肌を乾燥から長時間守ってくれます。


私のおすすめの乳液はこちらの「ニベアスキンミルク さっぱり」です。



ドラッグストアでは通常500円前後ですが、特売では420円ほどで売られている場合もあります。

保湿するタイミングと注意点



化粧品と乳液を買いそろえたら実際に保湿を開始しましょう。


スキンケアには高級品は必要ありませんが、継続して行うことが大切です。


乾燥する前にしっかりと保湿していきましょう。


お風呂あがりと朝



一番肌が乾燥しやすいのはお風呂上りです。

ボディソープで体を洗うと肌の油分がなくなってしまいますし、体が乾くときにも肌の水分まで一緒に蒸発してしまいます。

保湿のやりかたとしては


・タオルで体を拭く。

・化粧水を顔から足まで全身に満遍なく塗る。

・乳液を全身に満遍なく塗る。


で大丈夫です。

お風呂上りの肌はすぐ乾燥するので、洗面所に化粧水と乳液を置いて裸のうちにやってしまいましょう。

塗る量ですがあまりベタベタとつける必要はなく馴染ます程度でOKです。


また朝の洗顔後も肌は乾燥するので、顔だけでもしっかりと保湿していきましょう。

体を綺麗にしてから使おう

スポンサーリンク



保湿は体を綺麗にしてから行いましょう。


汗をかいた後などの肌に化粧水を使ってしまうと肌の悪い菌が増殖して痒みが起こります。


肌を掻くことは一番避けたいダメージなのでお風呂に入ってしっかりと肌を綺麗にしてから保湿を行いましょう。


おわりに



筋トレや勉強と同じで男の美肌には継続が大切です。



肌は6週間で生まれ変わると言われているのでしっかりとスキンケアを継続すれば6週間後には潤った肌を手に入れられるはずですよ!


毎日のお風呂上がりのスキンケアで若々しい見た目を手に入れましょう!




それでは!

コメント