家系ラーメンはまずい?元祖の吉村家のラーメンは他とは別格だった!

スポンサーリンク



ラーメンブロガーのマグニンです!



みなさん家系ラーメンは好きですか?ちなみに僕は嫌いですww家系ラーメンほど好き嫌いが分かれるラーメンも珍しいですよねww



しかし、先日家系ラーメン大好きの友達から
「うまい家系ラーメンを食わずにして嫌いとか言うな!」とお叱りを受けてしまいましたww



そこで今回は家系ラーメンの元祖にして総本山の横浜の吉村家のラーメンを食べに行ってみることにしました!


家系ラーメンって何?


家系ラーメンとはなんなのかそのルーツについて説明します。


YouTubeでよく出てくる吉村家



最近YouTubeでおすすめの動画に吉村家のドキュメントが出てきた人も多いかと思います。


昭和の頑固おやじといった感じの家系ラーメンの生みの親「吉村実」の現代では問題になるであろう、パワハラや暴力の厳しい修行に賛否両論出そうな動画ですよねww



気になる人は「吉村家」で検索すると色々な動画が出てくるのでぜひご覧ください。



ちなみに現在の吉村家では吉村氏はおらず、厨房で怒鳴る人もいないので安心してくださいねww


家系ラーメンの特徴



家系ラーメンの特徴は醤油とんこつ味のスープに鶏油がかかった濃い目のラーメンです。



具は海苔とホウレン草が乗っているのが一般的な家系ラーメンです。



さらに麺は太めのもちもちで酒井製麺という会社の麺を使用しています。こちらの酒井製麺の家系の麺は直系と呼ばれる吉村家と吉村家で修業した弟子たちが開いたお店でしか発注することができません。


そして屋号に「〇〇家」とつけるのが家系と呼ばれる由縁となっております。



吉村家に行ってみた

スポンサーリンク


家系嫌いの僕が家系の総本山に乗り込んできました!


吉村家の場所



吉村家は横浜駅西口から歩いて7分ほどの場所にあります。




凄まじい行列!そして総入れ替え制



僕が行った12時過ぎはお昼時とあってかサラリーマンや肉体労働の人たちで長蛇の列でした。






そして、食券は先に購入します。食券はプラスチック製の板で色で違いがわかるようになっていました。




そして順番にグループずつに入っていくわけではなくて、13名ずつの総入れ替え制になってました。平日のお昼時だったこともあってか30分ほど待って入店しました。


吉村家のラーメンは別格だった!

スポンサーリンク


着席して食券を前の台の上に置いてしばし待ちます。テーブルの上には、生姜、ニンニク、胡椒、唐辛子などの調味料がいっぱい置いてました。



特にニンニクは黄緑色のペーストで最初わさびだと思っていましたww

行者にんにくというもので普通のにんにくより辛さがマイルドみたいです。


そしてラーメンがこちら!






濃い目のスープが合いそうでとてもうまそうな色をしてますねー。



僕の家系嫌い原因となった武〇家のラーメンとは大違いですww



早速スープを飲むと一口でわかるうまさ!やはり家系インスパイアとは全然別格でした!

麺ももちもちの太めでスープとの相性がよくさらに、具のホウレン草と海苔も濃い目のスープを中和してくれるいいアクセントになっていました。



やはり美味しいラーメンというのは全体のバランスが整っているラーメンだということを強く実感しました。スープも麺もおいしいけれどバランスがよくないと本当に美味しいラーメンにはならないんですよね。



トッピングのニンニクや生姜を入れるとさらに味にパンチが出て、ご飯もぺろりと平らげてしまいました。ごちそうさま!



おわりに



今回は家系ラーメン嫌いの僕が総本山の吉村家で食べてみました。やはり吉村家は別格でしたね。他の家系はまだ全然食べる気はしないですが吉村家はたまには食べるのもありかなと思わせてくれました。



世にはびこる”なんちゃって家系”を食べて家系が苦手な人にこそ吉村家のラーメンを食べてほしいですね。家系ラーメンの概念が変わるかもしれませんよ。




それじゃ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました