主に食、旅、コラム、ダイエットなどの雑記ブログです。

マグニン通信

海外旅行

【バックパッカー】世界30ヵ国を旅して意外だったこと、驚いたこと7選

更新日:



どーも!流浪の旅人のマグニンでございますー!




僕は一人旅の海外旅行が大好きで今までに30ヵ国を旅してきました。




旅中にはさまざまなカルチャ―ショックがあり、テレビやネットで見る海外と実際に旅したのとでは全然違うんだなと感じました。



そこで今回は海外旅行中に初めて知ったことや意外だったことを7つご紹介したいと思いますー!


エジプトのピラミッドは首都カイロの郊外にある!




まずはエジプトからです。




一番有名なギザのピラミッドはなんと首都カイロの郊外にありますww




カイロの中心部から地下鉄をバスを乗り継いで1時間もかからずに行けるんです!



カイロの中心のAttabaから15kmほどなので、東京で言うと都心の新宿と練馬区ぐらいの位置関係にありますねww




スフィンクスの目の前にはケンタッキーがあるのは有名ですが、ギザのピラミッドがあるエリアは街と砂漠の境目にあります。




ちょうどピラミッドがあるエリアから砂漠エリアになってて、広大な砂漠が広がっていますが、振り向くとすぐ街が見えますww




僕は行くまではピラミッドは田舎の遠いところにあると思ってたのですが、こんなにも街中から近かったのは驚きでしたww


東欧の物価はかなり安い!






ヨーロッパへの旅行は憧れますが、物価の高さはネックになってきますよね。




しかし東欧は物価が東南アジア並みに安く、ヨーロッパの綺麗な街並みも散策できるのでかなりオススメです。


僕が旅行した東欧の国の物価は高い順から


西欧並み・・・ギリシャ、クロアチア




中間・・・ハンガリー、チェコ、ポーランド



東南アジア並み・・・ウクライナ、アルバニア



といった具合ですかねー。




しかもご飯のあまり美味しくないイギリスやドイツと違い、東欧の国はご飯がおいしい国も多いのでオススメです。




一番バランスが良くてオススメの国はハンガリーですかねー。




ハンガリーのブダペストでは国会議事堂やお城や橋がライトアップされていてめちゃくちゃキレイだし(上の写真もハンガリー)




特産のフォアグラやマンガリッツァ豚はめちゃくちゃおいしいです。




そして物価は体感的に日本の6、7割程度と安かったです!



特に長期旅行だとイギリスやドイツなどの西欧ではどんなに安くあげようとしても1日最低5000円はかかってしまいます。




ヨーロッパの長期のゆったりとした旅行を楽しみたい方は東欧も候補に入れてみてはいかがでしょうか?




ちなみに長期旅行の場合は東欧に行く飛行機は便数も少ないし高いのが多いので、1回ドイツなど便数が多くて飛行機代が安くて東欧に近い国に飛んでから陸路で東欧に移動することをおすすめします。





アフリカの野生動物はどこにでもいるわけじゃない!







アフリカはケニア、タンザニア 、ウガンダ、ルワンダ 、マラウィ、ザンビア、ボツワナ、ナミビアと旅行しました。




長距離バスで移動したり田舎の方も結構訪れたのですが、




田舎を走っていれば、そこらへんにキリンやゾウやライオンがいるかと思いましたが違いましたww




野生動物は自然公園の限られたエリアでしかいません。そして自然公園は国が管理をしていて自由に入れるわけではありません。(入場料が必要)(サファリツアーがオススメ)



そのため田舎に住んでいるアフリカ 人でもキリンやゾウを見たことがない人も多いですww




一番有名なのはケニアのマサイマラ国立公園ですかね。(上の写真もマサイマラで撮ったものです。)



僕は3泊4日のツアー300USドルで行きました。



たくさんの野生動物も見られて、




1日3食出るご飯もめちゃくちゃ美味しく、





マサイマラ国立公園近くのキャンプサイトでテントに泊まったのですが、




テントの中にはベッドがあり、しかもその奥はシャワーとトイレがついていてとても快適でした!





ケニアに行った際はぜひ参加をオススメします。


インド人の半数ほどはベジタリアン!







日本人旅行者の間でも好き嫌いが明確に分かれるインドですが、(ちなみに僕は結構好きww)




インド人の食生活には驚かされました!




ヒンズー教徒が多く牛を食べないのは知っていましたが、鶏肉や魚は食べているだろうと思いきやベジタリアンが非常に多かったです!




インドのスーパーやレストランでは赤や緑の丸いシールが貼られているのですが、それがベジタリアンかノンベジタリアンかわかるシールでした。




ちなみにベジタリアンのみのレストランも多いです。



ちなみに僕も何度かベジタリアンのカレー屋に入ったのですが、キノコやスパイスがうまく使われていて野菜だけなのに驚くほど美味しかったです。




しかもインドは熱帯の国だからか、野菜自体の味も濃厚で本当にうまかったです。(特ににんじん)




そしてヨガの聖地リシケシは街全体がベジタリアンなのですが、観光地のためか各国料理のレストランも多く、




それぞれの店が野菜だけで美味しくなるよう試行錯誤してるので、どれもベジタリアンとは思えないようなおいしさでした。



こちらはリシケシの日本料理レストラン「okaeri」のベジタリアンの日本食





ちなみにベジタリアンの人だからって痩せているわけではありませんww




コーラや油分をたくさん摂取すればベジタリアンでも太りますww


海外全般に街中のトイレは異様に少ない!







日本だとコンビニや駅、公園などにどこでもトイレがありますよね。



しかし、海外全般に言えることですがトイレが極端に少ないです。




駅やコンビニや小さなスーパーなどではほぼトイレはありません。




大きめのスーパーならついていることは多いですね。


繁華街になるとマクドナルドなどでもナンバーロックが掛かっているトイレが多いですww




なので海外を旅しているとトイレを長時間我慢する能力が自然と身につきますww




海外では

「便意を感じたらトイレを探す」

ではなく

「トイレがあればとりあえず行っとく」

くらいの行動にしておかないと大変なことになってしまいますww



よく日本にいる外人から

「日本はゴミ箱が少なすぎる!」

なんて言われますが、僕からすると

「外国はトイレが少なすぎる!」

って言い返したくなりますねww



ちなみに例外でインドは公衆トイレがたくさんありましたが、衛生度は雲泥、、いや、ウン泥の差ですww





飛行機のチケットは距離には比例しない!






今やLCCがたくさん飛んでいて、搭乗券を買うのもスマホで簡単にできる良い時代になりましたよね!




僕もたくさんの飛行機に乗りましたが、飛行機の運賃は距離に比例しませんでした!




隣国より遥か遠くに飛ぶほうが安いケースもたくさんありました。


遠くても安くなるチケットにはこんなものがありました。

ハブ空港へ行くチケットや乗り継ぎの場合




タイや香港、カタール、ドバイトルコなどの空港は各国へのハブ空港の役割をしていて、そこへ飛ぶ場合やその空港を経由するチケットは安いです。


欧米




ヨーロッパを飛び交う飛行機、ヨーロッパとアメリカを結ぶ飛行機は運賃がかなり安かったです。


歴史的つながりが深い国



ドイツとイスラエル(ユダヤ人虐殺)



ドイツとナミビア(植民地支配)



スペインと南米(植民地支配)

など歴史的関係が深い国では今でも行き来が盛んなのか、かなり距離が離れていても運賃がめちゃくちゃ安かったです。(ドイツとナミビアで2万円くらい)

このように国を刻んで行くよりもポーンと遠くに飛んだほうが安いこともあるので参考にしてみてくださいね!


海外(特に観光地)の治安はそこまで悪くない!






こんなことをブログで書くと怒られそうですがww



海外の治安はそこまで悪くはないなーと思いました。



もちろんめちゃくちゃ治安が悪いことで有名なアフリカのナイロビやダルエスサラームでは気をつけていましたけれどww



日本から出たことない人の中にはタイのバンコクでさえ「治安が悪い」とか「リアル北斗の拳」とか思っている人がまだいるみたいですよねww




僕もバックパッカーの旅に出る前に色々な人から



「腕時計してたら腕ごとぶった斬られる」



とか



「歩いてる人は全員泥棒と思え」


とか言われましたww




実際僕も最初の国のベトナムではビビリまくってましたが、2日目くらいで



「あれ?そんなに治安悪くなさそうだぞ?」



と思ってしまいましたww



ていうか第一に腕時計してたら腕ごと切られるような国だったら、現地民もおちおち外を歩けないですよねww

確かに軽犯罪(スリや置き引き)は日本より多くて気を付けなければいけないと感じますが、強盗や殺人などの危険を感じることはありませんでした。



まぁ下手にお金持ちに見える格好をして歩くのは危険ですが、そこまでビビる必要はないです。



まだ海外の治安に不安のある人はとりあえずタイのバンコクあたりを旅行することをオススメします。(ヨーロッパのほうがスリや置き引きの被害は多い)





不安なこともたくさんあると思いますが、勇気を持って踏み出せばきっと楽しいことのほうが多く待っているはずですよ!

おわりに



いかがでしたか?僕と同じような海外へのイメージを持っている人も多いののではないでしょうか?

テレビやネットで見る海外は多かれ少なかれ製作者の主観が入ったものを見ることになるので実際に自分が感じるものとは違うことも多いです。




海外旅行行ってみたいけれど、言葉や治安の壁を感じる人も多いのではないでしょうか?



確かに不安なこともたくさんありますが、それ以上に楽しいことがたくさんあるのでぜひ今一歩勇気を出して行ってみてくださいねー!

それじゃっ!







-海外旅行
-, ,

Copyright© マグニン通信 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.